ドラマ☆マニア

ドラマ情報ブログ

堀北真希、山口百恵パターンで引退か!?

山本耕史と結婚し、この冬、第1子を出産した堀北真希。

2016年1月~3月に放送されたドラマ『ヒガンバナ~警視庁捜査七課~』以来、新しい仕事をしておらず、CMの更新も断っているとのこと。

妊娠、子育て中は仕事をセーブするのはよくある話。しかし、CMの仕事まで断るというのはただごとではない状況。CMは短時間の仕事で大きな収入を得ることができるので、ある意味、おいしい仕事。妊娠などで仕事をセーブした菅野美穂や森三中の大島美幸なども、CMだけは続けていた。

もともと芸能界に未練がないとも伝えれている堀北真希。もしかしたら、このまま、芸能界引退も十分、有り得る話だ。

■関連リンク
なぜ、最近になって続々と芸能人が業界を引退するのか?

「逃げ恥」、視聴率20.8%で有終の美

2016年秋クールで一番話題をさらったドラマ、「逃げるは恥だが役に立つ」、通称「逃げ恥」が最終回を迎え、平均視聴率20.8%を獲得した。

「恋ダンス」のガッキーの可愛いさがネット上で話題になり、スタート以来、10.2 → 12.1 → 12.5 → 13.0 → 13.3 → 13.6 → 13.6 → 16.1 → 16.9 → 17.1% → 20.8%と一度も数字を下げずに右肩上がりをキープし、全11話の平均視聴率は14.6%。

文字通り有終の美となった最終回後、番組のInstagramでは、主演の新垣結衣と星野源のツーショットがアップされ、「逃げ恥 最終回お楽しみいただけましたか? 最後まで応援していただき本当にありがとうございました」とコメント。ネット上のファンから、感謝の声と共に、“逃げ恥ロス”を訴えるファンの声が続々と投稿されている。


ドラマ「相棒」は呪われている?今度は成宮寛貴が芸能界引退

「相棒」「怪盗 山猫」「梅ちゃん先生」、古くは「ブラッディ・マンデイ」「 ハチミツとクローバー」「 いま、会いにゆきます」など、数々のドラマで活躍した成宮寛貴が突然の芸能界引退を発表しました。

きっかけとなったのが、週刊誌「フライデー」の薬物使用疑惑のスクープ記事。1回目ではコカイン吸引の現場とされる写真を公開し、さらに友人の証言を添えて、成宮さんが薬物に手を出しているとの記事を掲載。2回目の記事では、コカイン使用、購入を表すかのような「肉声データ」に関するものと今回の疑惑を告発した友人の証言や、生々しい「コカイン要求」のやりとりを掲載した。

2回目のスクープ記事が掲載されるタイミングで、所属事務所がFAXで成宮寛貴の芸能界引退を発表した。所属事務所によると、何度も話し合いの機会を持ったというが、「本人の家注意が大変固かったため、大変残念ではございますが、本人からの申し入れを受けざるを得ないと判断いたしました」とのこと。

FAXでは、「すべての原因を作ったのは自分自身だと承知しております。心から信頼していた友人に裏切られ、複数の人たちが仕掛けた罠に落ちてしまいました」と切り出し、報道はワナだと主張。「間違った情報が広がり続けることに言葉では言い表せないような不安と恐怖と絶望感に押しつぶされそうです。自分にはもう耐えられそうにありません」などと心境を吐露した上で、引退を決意した理由については、周囲に対し「これ以上の迷惑を掛けるわけにはいかない」とし「少しでも早く芸能界から去るしか方法はありません」と明かした。そして最後に成宮は直筆コメントを寄せ「本当にごめんなさい。そして、ありがとうございました」と思いをつづった。

関連リンク
なぜ、最近になって続々と芸能人が業界を引退するのか?

記事検索
  • ライブドアブログ